口臭予防とコーヒー

口臭をしっかり予防したいならコーヒーはほどほどに?その真意とは?
MENU

コーヒーって口臭の原因になるの?!

コーヒー

 

コーヒーは私達日本人にとっても最も馴染みの
ある飲み物の1つであり、外すことのできないという人
も多いのではないでしょうか?

 

そんなコーヒーが飲むと口臭の原因になってしまう?
そんな噂(?)が色んなところで流れています。

 

実際のところ、コーヒーは口臭をきつくして
しまう要因になり得るのか?

 

コーヒーは実際のところ控えるべきなのか?

 

その手がかりとなるいくつかの原因について
紹介したいと思います▽

 

 

コーヒー豆自体に口臭原因?

コーヒーは豆を焙煎し細かくミルしてからお湯で
ドリップして作る飲み物ですが、このコーヒー豆の粉末中の微粒子が、
舌表面の突起物に蓄積されていき口臭の原因になるといいます。

 

ただ、コーヒー自体は香ばしい香りの
する飲み物ですし、それが臭いというのは変ですよね?

 

もちろん、人により臭いの基準が異なるので
人によっては臭いのかもしれませんが
一般的には考えにくいことといえます。

 

コーヒーにミルクや砂糖を入れすぎる人は要注意?

コーヒーにミルク、砂糖をやたらと入れて
飲んだ場合、口臭がきつくなるケースがあります。

 

これは実際、ミルクは脂肪分やタンパク質、砂糖
の糖分は口腔内細菌の繁殖を促進して口臭を
きつくする可能性があります。

 

入れるなとは言いませんが
ほどほどにしておくのが良いかもしれません。

 

カフェインの利尿作用

コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があります。
利尿作用というのは体の水分が奪われる作用。
それにともない出る唾液の量も抑制されます。

 

唾液が少なくなることで口腔内は乾燥し、
雑菌の繁殖が促進されて口臭につながります。

 

コーヒーは酸性の飲み物

コーヒーは酸性の飲み物であり、
飲むと口腔内のPHを低下させ弱酸性にします。

 

実は口腔内にいる細菌にとってこの弱酸性
という環境は好条件であり、増えやすいため、
結果として口臭につながります。

 

カフェインの胃液分泌促進

コーヒー(カフェイン)の作用として、胃液分泌を促進する
はたらきがあります。

 

そのため、胃が荒れたり、
胃に余計な負担がかかる可能性があり、
その胃の蓄積した負担が胃腸障害を引き起こし、
口臭が起こることもあります。

 

ただ、これはあくまで長期的に
コーヒーをたくさん飲み続けた場合であり、
1日数杯程度ならそこまでは考えにくいです。

 

歯茎の血流が悪くなる?

コーヒー中のカフェインには血液の流れを悪くする
はたらきがあるといわれています。

 

そのため、歯茎の血流も悪くなってしまうので、
虫歯菌や歯周病菌などになりやすく、それら歯の病気
により結果として口臭が発生しやすくなるリスクがあります。

 

ただ、これもよほどの量を摂らない
かぎりは考えにくい事例です。

 

 

こんなときはコーヒーによる口臭が要注意?

実はコーヒーを飲むと口臭がかなりきつくなる
シチュエーションというのが存在します。

 

もしかしたらこういうときはコーヒーは極力控えた方が
良いのかもしれません。

 

コーヒーとタバコ

タバコを吸っている方で口臭がひどい人って
結構多いと思います。

 

それはコーヒーとタバコの臭いの相性の悪さ的なせいも
あるのか、普段口臭が酷い人の口臭をさらに助長している
ような気がしてしまいます。

 

タバコのヤニやタールは特に舌表面にもしつこく
残りますし、コーヒーの細かい粒子も舌に残るので
かなり厄介な組み合わせですね〜

 

空腹時

空腹のときは口臭は強まると言われています。

 

これは空腹時は唾液の分泌量がが現象しやすいためで、
それによって口臭もきつくなりやすいんです。

 

つまり、コーヒーの利尿作用によって
余計に唾液を減らしてしまうんです。

 

喉が渇いているとき

空腹時と同じで唾液が減り口の中が
乾いているため、雑菌が増えやすいです。

 

コーヒーによる口臭を予防するには?

 

ここからはコーヒーによる口臭発生のリスクを
少しでも軽減し、予防する方法を紹介しますね▽
最後に簡単にできるコーヒーによる
口臭の予防策を紹介しますね▽

 

ガム

本当に噛むだけの対策がガムです。

 

ガムの香りで口臭をごまかすというよりは
噛むことによる唾液の分泌量UPです。

 

コーヒーを飲んだあとに噛むと良いでしょう。

 

舌ブラシ

コーヒーの舌への付着に限らず、
舌上の汚れというのはすぐに口臭に直結するものです。

 

口臭全般の予防という意味でも
舌ブラシを習慣づけるのは良いことです。

 

液体ハミガキ

舌ブラシじゃ不十分な場合やっておくと良いでしょう。

 

水分補給

コーヒーを飲んだあとにコーヒー
の香りや風味を舌上に蓄積させにくくすると
いう意味で水分補給も大事です。

 

できれば真水がおすすめで、
さらに、カフェインの利尿作用による唾液の
現象もカバーできる予防法です。

 

コーヒーを飲む回数を減らす

コーヒーを飲む量は関係ないといった説もありますが、
実際飲めば飲むほど、カフェイン摂取量も増えますし、
舌への汚れもつきやすいので口臭のリスクは上がる方向
にいきやすいでしょう。

 

ですので飲む回数はほどほどにして、
砂糖やミルクは控えてブラックで飲むのが
口臭予防の観点からはおすすめです。

 

まとめ

結論としては、色んな口臭原因や
対策も紹介しましたが、よほどの量を飲みすぎる
とか元々の口臭がひどい場合でないとコーヒーにより
口臭がきつくなるケースというのは限られています。

 

ですので、現在コーヒーを飲んでいて
口臭がないという人であればそれほど過剰に
反応しなくてもいいかもしれません。

 

ただ、上記のような対策や注意点についても
どこか頭の片隅い置いてもらえるといいのかなと思います。

 

項目別ランキング

口臭サプリ体験レビュー

口臭予防&対策

口臭原因

タイプ別口臭原因&対策

口臭予防&対策サプリについて

口臭お役立ち情報

口臭予防&対策成分

このページの先頭へ