寝起きの口臭原因

寝起きの口臭の原因は実は胃腸にあるかもしれないんです。
MENU

寝起きに口臭がするのは胃腸の調子が悪いのかもしれない?!

 

 

寝る前にきちんと歯磨きをしたのに、朝の寝起きになると
口臭がするという人がいる。

 

 

口腔内の虫歯や歯周病などが原因でないとすれば、
胃腸の調子が悪いケースが考えられます。

 

 

また、胃腸の調子が悪くなくても寝起きに口臭がするケースもあります。

 

順に追って解説していきます。

 

 

まず、胃腸の調子が悪くて寝起きに口臭がするケースは、
胃腸の病気かもしれないです。

 

例えば、胃炎・十二指腸潰瘍・胃癌などです。
胃腸内が病気になってる場合は口臭がします。

 

 

つぎに、胃腸の調子は悪くないのに寝起きに口臭がするケースは、
暴飲暴食などが考えられます。

 

特に食べ過ぎると胃で消化不良が起きて十分に胃酸で
消化できずに胃に溜まってしまい、
それらが腐敗して臭いを発して口臭として表れます。

 

病気ではありませんが、胃腸が不良状態を起こしてるので食べ過ぎや
寝る前の食事は控えた方がイイです。

 

 

寝起きの時に口臭が気になるのなら、まずは歯科で口腔内に
問題が無いかを診察してもらい、問題がなければ内科で
相談にのってもらえば、寝起きの口臭がどこからも
たらされてるのかを探し出すことが出来ます。

 

 

口臭は本人は気づかずに周りの人間に不快感を与えるので
少しでも気になる場合は対策を取るのが大切です。

 

項目別ランキング

口臭サプリ体験レビュー

口臭予防&対策

口臭原因

タイプ別口臭原因&対策

口臭予防&対策サプリについて

口臭お役立ち情報

口臭予防&対策成分

このページの先頭へ